『婦人公論 2/23号』 ノンフィクション特集 に挿画7点描きました。

JUGEMテーマ:アート・デザイン

『婦人公論 』創刊100周年記念企画 名作&力作ノンフィクション特集
「過酷な運命、それでも生き抜く」p123〜p135
に挿画7点描きました。
 




昭和から平成にかけてたくましく生き抜く4名の女性(藤原ていさん、桐島洋子さん、読者2名)の
壮絶な人生の手記。どれも読み応えありです。
特に藤原ていさんの満州引き揚げ体験記には感銘を受けました。
人生は時代や環境によって大きく左右されるものではあるけれど、
確固たる意思、そして変化する力を持ち続けていけば道は必ず開けるということに
改めて気付かされた気がいたします。

昭和の名作2編はややノスタルジックな面タッチで、
平成の読者力作2編は内容がヘビーな分線を中心とした版画調タッチで、重すぎない様まとめました。

一部をこちらで紹介しています。
http://www.fujinkoron.jp/number/003235.html

只今発売中です。
ぜひ文章と共にご覧下さい..!


『婦人公論 2/23号』(2/9発売)
表紙:篠山紀信/モデル 瀬戸内寂聴
AD◎木村裕治 デザイン◎木村デザイン事務所



    扉絵


 
昭和の名作編/追いつめられた女は逞しい1
文◎藤原てい




昭和の名作編/追いつめられた女は逞しい2
文◎桐島洋子



 
平成・読者の力作編/苦しみの中でもがいて1



平成・読者の力作編/苦しみの中でもがいて2
 

at 16:15, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -

こわいほど幸せになれる!『性格心理テスト』発売中です

JUGEMテーマ:アート・デザイン

PHP研究所 『こわいほど幸せになれる!性格心理テスト』
カバーイラストを描きました。
 
◎装丁: こやまたかこ(スタジオCGS)

センスの良い装丁はスタジオCGSこやまたかこさん。
「男性にも手に取って頂けるような雰囲気に、」という編集サイドのご要望もあり
ウサギやハトの愛らしさは残しつつ黒を基調に“大人可愛い”印象にまとめました。
一見するとミステリー調のモチーフ群ですが
実は夢判断の世界ではすべてラッキーアイテムなのです。
好きな黒を基調としたお仕事は稀でしたので、
楽しんで描かせて頂きました。

内容もなかなか興味深いです。
私はまだ熟読していないのですが
女子大生と女子中学生(各1名)にプレゼントしたところ、とても喜ばれました。

*PHP研究所サイト本文紹介より*
〜 あなたは、どんな性格ですか? 友人、職場の同僚や上司、恋人、家族、さまざまな人とのつきあいのなかでなにか迷ったら、
もう一度自分を見つめるチャンス かも。(中略)本書のさまざまな「心理テスト」が、知らなかったり、忘れてしまったりしていた、
本当のあなたの性格を教えてくれるでしょう。自分や 相手を知ることで、もっともっと幸せになれるのです! 〜


只今絶賛発売中です。
どうぞこわいほど幸せに....(笑)なってください。
よろしくお願いいたします〜





調子に乗って、バックの色味を変えたカードも制作してみました♪

at 14:24, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -

2016年あけましておめでとうございます。

JUGEMテーマ:アート・デザイン




あけましておめでとうございます。

笑っていても、泣いていても
前向きでも、後ろ向きでも
健康でも、そうでなくても
誰にでも平等にやってくるものですね、新年は。

年が変わるということはやはり良いものです。
生まれ変わったような。
心の貯金がちょっぴり増えたような。

個人的には今年もできる限り様々な挑戦を試みたいと思っております。
そして世界的には不穏な出来事が少しでも少ない年でありますように。
 
2016年。
今ある幸せをかみしめて。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


☆イラスト:半立体風にしてみました

at 00:12, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -

リクルートマネジメントソリューションズ機関誌『RMS message』8月号特集扉

JUGEMテーマ:アート・デザイン


『RMS message』8月号表紙

◎デザイン:コンセント
 

リクルートマネジメントソリューションズの機関誌『RMS message』
8月号特集扉にイラストを描きました。

仕事内容や組織の変化に個人はどのように適応して行ったら良いのか、
その方法やメカニズムを4名の専門家が分析、提案しているといった内容です。

「マチエールのバックに白い線画イラストで」というご依頼でした。
この線画、自由に描いている様に見えますが一つ一つ内容に即した意味があります。

素敵な誌面デザインでイラストを生かして頂きました。
時にはこういった渋めトーンのお仕事も良いものです。


at 17:15, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -

照林社「見てわかる」シリーズ6冊目のカバー描きました☆

◎装丁:臼井新太郎
看護系専門誌 照林社「見てわかる」シリーズ全6冊のうちの1冊『腎・泌尿器ケア』の
カバーイラストを描きました。
他の5冊は既に2年前に発行されておりまして、、
この度めでたくラストの1冊が完成いたしました...!
※前回の記事
先の5冊は同ジャンルではなかなかの売れ行きだそうです。
恐らくこの一風変わったポップな臓器イラストと臼井新太郎さんのモダンな装丁が
書店で眼を引き一役買っているのでは...!?
とにかく完結し感無量です。
全国のナースさんたち、どうぞよろしくお願いいたします。

at 00:45, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -

祥伝社『からだにいいこと』8月号特集ページ

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 
美容と健康に精通した雑誌 祥伝社『からだにいいこと』の8月号特集ページ
“「更年期美容」の新常識”にイラストを描きました。
40代後半とは思えない、、今話題の美魔女のセンセイ方が様々な美容法を紹介しています。
このページは目映いばかりのセンセイたちを白雪姫に見立て、
意地悪な継母がそれを鏡に映して悔しがるという設定でした。
私は美魔女を引き立てる花のパターンと継母を描きました。
継母は普段あまりないジャンルでしたので描いていて楽しかったです(笑)

at 17:12, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -

照林社「見てわかる」シリーズ

 JUGEMテーマ:アート・デザイン
装丁:臼井新太郎
看護系専門誌のパイオニア、
照林社の「見てわかる」シリーズ全6冊の
カバーの臓器イラストを描きました。
監修は杏林大学医学部附属病院の先生方です。
本文は症例別に詳細な写真も配置され専門的、実践的な内容、
販売対象は主に看護師さんや生徒さんとのこと。
ともすればグロテスクになりがちな臓器をいかに爽やかに
愛嬌あるもの(!)にするかは腕の見せどころでした。
最終的にはデザイナーの臼井新太郎さんのディレクションに助けられ
ポップでいい感じになりました。
装丁の力は大きいですね。

2年前より携わり、ようやく5冊完成、あと1冊を残すのみですがUPしてみました。
書店の医学専門誌コーナーでなかなか眼を引く存在になっている模様です☆

心臓
大腸、小腸、肝臓、胃、膵臓
子宮と卵巣

at 15:23, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -

『おひとりさまの「法律」と「お金」』カバー&扉 描きました


 
デザイン:熊澤正人(パワーハウス)

WAVE出版『おひとりさまの「法律」と「お金」』中澤まゆみ 著
のカバーと5つの章扉にイラストを描きました。

著者さんが猫好きということで挿し絵は嬉しい猫まみれに...!
この本はまさしくタイトル通り、”おひとりさま”の法律とお金について
大変分かりやすく書かれた実用書です。
私もあなたも今後バイブルになりそうな予感。。

装丁は単なる実用書を超え、センスある仕上がりになっています。
デザインといい用紙の選択といいさすがパワーハウスさんです。
 
       
 
第1章/葬儀と相続 

第2章/離婚したいと思ったら

 
第3章/お金は大事


  
第4章/おひとりさまの病気


第5章/おひとりさまの終わり方


カバーの猫は六法全書に乗っているイメージで。
久しぶりのオール手描きでした。


※この書籍&原画を、今年5月にギャラリーDAZZLEにて開催の
「装画と装幀@2014」に出品することが決定しました。
 興味のある方、ぜひお越し下さいませ。

at 00:28, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -

会報誌『図書設計85号』書きおろし読み切り小説挿画

JUGEMテーマ:アート・デザイン

私の所属しております日本図書設計家協会の会報誌85号にて
北村薫さんの短編小説『白い本』の挿し絵を描かせていただきました。


(表紙デザイン:谷口純平)

エディトリアルデザイン:丸尾靖子
(企画編集・柳川貴代)
 
これは"本"をテーマにした短編小説を贅沢なことに毎回作家さんにわざわざ書き下ろして頂き
凝ったデザインとイラストで魅せる「本迷宮」という試みなのです。

小説のあらすじを言いますと...
読書好きな女子大生の淡い恋心や微妙な心の動きを本の存在を通して確認していく
どこか爽やかなお話、、といったところでしょうか。

イラストのタッチや方向性などは、デザイナーの丸尾靖子さんとあれこれ相談しながら制作しました。
結果、文中に登場した美術館、夏目漱石、神保町もろもろをヌケのある線画で表現する方向に。
またバックのマチエールは、主人公が学生ということもあり、どことなく黒板と白墨を連想させる
ような色味にしてみました。
最終的には丸尾さんの素敵なタイトルロゴと文字組によってぐっと存在感のあるページになったと思います。

at 23:32, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -

『本とふた旅』展 顔出しパネル描きました☆

8月上旬に表参道のオーパギャラリーにて開催の『本と旅』展のお手伝いで 顔出しパネルを描かせていただきました。

    
(展覧会ロゴデザイン:折原カズヒロさん)

 
羊とファラオが似合いすぎの出品者のS畠さんとお客さまのS水さん。
奥で笑顔なのはギャラリーオーナーのF波さんと出品者のF田さん。


さてこのメガネコンビは誰でしょう。 

デザインは出品者のタケナカ・ユウキさんです。
展覧会に合わせてなんと本のカタチになってます! 
ユニークなアイデアですね。
イラストは旅するツタンカーメン王とラクダです。
展覧会の趣旨に合い、観て楽しい&入って楽しいものにしました。

 しかしながらはじめての顔パネということで制作途中は様々な難関がありまして、、
完成品を観た際は感慨無量、結果的にたくさんのお客さまに
楽しんでいただけた様で本当によかったです。

   
ルイ●ィトン風に見えるトランクのモノグラムは、ファラオらしく象形文字ミックスに。
ロゴは「RV」でなく「TK」(ツタンカーメン)です♪

at 01:35, ナツコ・ムーン プロフィール&連絡先, 渋めモダン系タッチ

-, -, - -